選んで納得の水槽レンタル会社をピックアップ

HOME » 知っておきたい水槽リースの基礎知識 » 水槽メンテナンスは自分でできる?

水槽メンテナンスは自分でできる?

検証用の水槽は、店舗やオフィスなどにもリースで安価に設置することが可能です。ですが、メンテナンスがしっかりしてないと、水槽は汚れていきますし、魚たちも弱ってしまい逆効果。魚たちを元気にし、いつまでも美しく見せるためには、メンテナンスは必要不可欠です。

リースの水槽メンテナンスの重要性

魚たちの世話といっても、毎日エサをあげるだけではすみません。観賞用の水槽ですから、水槽自体も美しく、その中で泳ぐ魚たちが美しく見えなければ意味がないのです。

そのためには、水槽についたコケや汚れを落とし、砂利にたまった汚れを取り除いたり、伸びた水草を整えることが大事。魚たちに合わせて水温や水質も調節しなければなりません。

また、フィルターやポンプ、ヒーター、照明などの装置が、いつでも正常に作動しているか、確認することも必要です。

オフィスや店舗などの場合、素人であるスタッフが水槽のメンテナンスを行なうのでは時間がかかります。生き物相手の作業になるので、神経も使い、スタッフに余計なストレスを与えることにもなりかねません。

水槽のメンテナンスをリース会社に依頼するメリット

水槽のメンテナンスについて、自己流で勉強しても、簡単にできるものではありません。

自分で熱帯魚を飼育された経験のある方ならおわかりかと思いますが、魚が元気に生活するための水温・水質の調整というのは意外と難しいもの。熱帯魚の水を取り替えたとたん、魚が弱ったり死んでしまったりということも少なくないのです。

また、生き物が相手ですから、その時々で状況も変わってきます。そのような場合に、物を言うのが経験です。水槽メンテナンスの経験が豊富であるほど、さまざまな状況に的確な対応ができます。

リース会社によって、メンテナンスのノウハウや対応も異なります。メンテナンスのしっかりしている会社であれば、安心して任せることができます。